| main | 民主、競輪トップ選手の長塚氏を参院選候補に擁立へ(スポーツ報知) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


DNAで大麻の「種子」判別へ=幻覚成分なくても鑑定可能−石川県警(時事通信)

 大麻汚染が全国的に広がる中、インターネットなどを通じて、栽培目的での「種子」の売買が増えている。種子は葉などと違って幻覚成分を含まないため、押収しても大麻と証明するのが難しいが、石川県警科学捜査研究所は、DNA鑑定で迅速に判別する方法を開発した。捜査関係者は、現場ですぐに判別できれば、捜査に素早く着手できると、実用化に期待を寄せている。
 大麻草の中で「テトラヒドロカンナビノール(THC)」という幻覚作用成分を含むのは葉と花のみで、種子や茎を持っていても大麻取締法の「所持」では摘発対象にならない。種子の所持は「栽培予備」、売った場合は「栽培ほう助」となることもあるが、栽培キットや自白などがそろわなければ立件は難しい。
 現在の捜査では、押収した植物が大麻かどうか調べるには、顕微鏡で形状を見るか、成分検査でTHCを検出するのが主流。しかし、種子の形状判別は難しく、厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課は「植えて芽が出るまで1週間以上待たなければ大麻と認定できない」とする。
 こうした中、石川県警の科捜研は、大麻草のDNA型が種子を含めた草全体から検出できることに着目。公開されているデータベースを基に大麻草特有のDNA型を洗い出し、それに反応する試薬をつぶした種子に付着させて、大麻かどうか鑑定する方法を開発した。
 捜査現場に鑑定キットを持ち運ぶこともでき、約1時間で判別できるという。科捜研の研究に協力する北陸大の渡辺和人教授(59)は「鑑定は訓練すれば素人でも可能で、客観的に判断できる」としている。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
覚せい剤密輸で邦人逮捕=中国

羽田新駅火災 照明器具がショートし出火か(毎日新聞)
第1回「言語力検定」1万人受検、36%合格(読売新聞)
大阪市営地下鉄 相次ぐ人為ミスに頭抱える幹部(産経新聞)
生方副幹事長は続投=小沢氏、解任方針を撤回−民主(時事通信)
結果次第で見直し?6月までに子ども手当試算(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • 21:48
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
主婦 キャッシング
探偵事務所 関東
即日現金化
NHKマイル
審査 甘い キャッシング
探偵事務所 北海道
ネイルサロン
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
  • 【中医協】診療報酬改定の「特別調査」、今年度は5項目−検証部会(医療介護CBニュース)
    パトラッシュ (05/08)
  • 【中医協】診療報酬改定の「特別調査」、今年度は5項目−検証部会(医療介護CBニュース)
    とろろいも (01/18)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM