<< 赤旗配布の高裁判決に思う なぜ公務員は政治活動を制限されるのか(産経新聞) | main | 平等院鳳凰堂 内部をCGで再現 極楽浄土の優美な色彩(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「無罪となったら温泉に」奥西死刑囚の近況(読売新聞)

 最高裁が審理を名古屋高裁に差し戻す決定をした「名張毒ぶどう酒事件」で、冤罪を訴え続ける奥西勝死刑囚(84)は、三重県名張市の尋常高等小学校を卒業した後、修理工を経て両親と茶の栽培など農業を営む一方、石切り場で働いていた。

 1961年の逮捕直後に警察署で行った記者会見では「大きな事件を自分のちょっとした気持ちから引き起こした」と犯行を認めた。しかし、起訴前に否認に転じ、1審判決は無罪。釈放後の記者会見で、「(逮捕直後の会見は)警察官に『教えてやるから』と言われ、下書きするなど勉強した」と話していた。

 2審では一転して死刑判決が出たが、無罪を信じる母親が出廷前に「前祝い」として炊いた赤飯は、奥西死刑囚が口にした最後の手料理となった。

 名古屋高裁でいったん出た再審決定が2006年12月に取り消された時には、面会に訪れた弁護士に「私は無実です。命の限り闘いたい」と話した。

 支援者や弁護士によると、奥西死刑囚は03年には胃がんが見つかり、大阪医療刑務所で手術を受け、胃の3分の2を摘出。食事はおかゆ中心となっている。「無罪となったら温泉に行きたい」と話しているという。

【日本の議論】永住外国人が急増する背景とその実態(産経新聞)
宇宙飛行士、山崎さん出発 母校に150人 「フレッフレッ直子」大歓声(産経新聞)
火災 2歳女児が死亡、父と4歳兄は心肺停止…川崎(毎日新聞)
海王丸 咸臨丸の航路たどる…サンフランシスコに向け出航(毎日新聞)
鳩山首相、連合滋賀幹部らに参院選の協力要請(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • 01:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
主婦 キャッシング
探偵事務所 関東
即日現金化
NHKマイル
審査 甘い キャッシング
探偵事務所 北海道
ネイルサロン
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
  • 【中医協】診療報酬改定の「特別調査」、今年度は5項目−検証部会(医療介護CBニュース)
    パトラッシュ (05/08)
  • 【中医協】診療報酬改定の「特別調査」、今年度は5項目−検証部会(医療介護CBニュース)
    とろろいも (01/18)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM